読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月11日のこと

 帰りの電車がトラブルで動かなくなり、他路線の振替え輸送を利用し大回りして帰る。いつもより二時間ぐらい余計に時間をかけて着いた自宅駅のホームで、誰かの吐いたゲロを踏む。

改札口で、振り替え輸送を利用したからSuicaの入口記録がない旨を駅員さんにいうと、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」と謝られる。電車が止まった責任はない駅員さんからは謝られ、ゲロを吐いた誰かからは謝罪の言葉はない。

人生とは謝ってほしい人から謝ってもらえず、謝らなくてもいい人から謝られるものだ。

人間は、自分が悪い時はなかなか謝れず、自分が悪くないときはやすやすと謝るものだ。

人間は、許してもらえそうな時ははじめから謝り、許してもらえそうにない時は最後まで謝らない。

帰り道を歩きながら、「謝罪」は真っ当にすることも正当に得ることも同じように難しいということを考える。